太陽光発電についてのよくある質問、回答を集めています。

積み上げられたソーラーパネル

24時間、太陽光発電システムは発電し続けるのですか?

24時間発電はしません、なぜなら、太陽光発電システムは日中の太陽のエネルギーによって発電されるからで、日射強度の比例によって発電量が変わってくる仕組みになります。

夜間などの発電出来ない時間帯は、電力会社から買電しますので、お得な時間帯別電灯契約を利用すれば電気料金が65%~70%オフとなります。

太陽光発電システムを設置したいのですが、どんな屋根でも出来ますか?

屋根の老朽化、材質により、補強工事をしないといけない場合もありますが、基本、どんな屋根でも太陽光発電システムを設置する事は出来ます。

屋根の形状も切妻屋根、陸屋根、寄棟屋根と様々ですが、問題ありません。

設置する為に知っておきたいのですが、屋根の大きさ、方向、角度に最適な基準は設けられていますか?

屋根の大きさは設置したい容量のモジュールの面積よりも広いものがいいと思います。真南を向いている屋根が最適ですが、もし屋根の面積が足りなかった場合は、発電効率が低くなってしまう北側以外の東西の屋根への設置も可能です。

屋根の最適な角度は20度~30度です。

太陽光発電システムを設置したいのですが、私は日照量が少ない雪国に住んでいます。設置しても大丈夫ですか?

年間の発電電力量は実際には地域によって差はあり、地域ごとで日射強度も変わります。しかし、北海道の帯広の予測発電電力量は4.116kwhで、九州の熊本の予測発電電力量は4.141kwhとなり、比較してみても大差はないようです。

なので、雪国には設置が向いていないということはないようです。