太陽光発電システムの導入は日に日に増えつつあり、様々な世帯でも設置されている今日ですが、残念な事にその数が増えると同時に悪徳業者も増える傾向にあります。

太陽光発電のパネル

手口も悪徳業者に寄って様々あるのですが、その1つとして、『上乗せ値引き』というのがあるのを是非知っておいてもらいたいので、その手口を説明したいと思います。

この『上乗せ値引き』の内容ですが、見積もりの段階で本来の費用よりもかなりの上乗せした金額を提示しておきながら、そこから割引を適用させて、安くしてもらった感を出すといった方法で、例えばですが、本来は50万円の商品を、200万円と提示し、今だけサービスで100万円にしますといって、半額になったと、勘違いさせる商法なのです。

なので、見積もり金額が出た時点で、業者からの「期間割引・モニター割引・取り付け工事サービス」といった、割引の数が多かったり、割引率が異様に高かったりするときは、注意が必要です。

なので、たくさん値引きがあったから喜ぶのではなくて、そういった場合は、もしかしたら見積もり金額自体がそもそも多すぎるのではないか!?と独自の判断も必要になってきます。

ではどのように判断出来るかをあげたいと思います。まずは業者はたくさんありますし、見積もりの段階では費用はかかりません、なので、太陽光発電システム本体の価格、設置、工事に関する費用の合計額をたくさんの業者で比べる事が出来ます。

そして、太陽光発電システム設置時に補助金が出る場合もあるのですが、事例として、その補助金さえも元の価格より上乗せする悪質な手口も存在します。

太陽光発電システム導入がはじめてだという世帯がほとんどだと思うので、業者を1回目ですぐに決めてしまわずに、まずはたくさんの業者から様々な情報を得て、見積もり費用に「これはなんだろう?」という金額を見つけた際は疑う事をすすめます。