オール電化には様々なメリットがあります。
一般的なメリットとしてあげられるのは、光熱費の削減・火を使わない安全性・地球環境への配慮です。
この3つも大きなメリットですが、家庭内にも様々なメリットがあるようです。

オール電化は家庭内で使うエネルギーを、ガスに頼らず全て電気に統一することです。
お風呂や料理をするときも、ガスを使わずに電気を使うので、スイッチひとつで後は給湯器やIHクッキングヒーターが調節してくれます。
つけっぱなしにしておいても、機械が勝手に調節してくれるので時間に余裕が生まれます。
これにより家族同士のコミュニケーションが増えたと感じている人が多いようですね。

キッチンもガスコンロからIHクッキングヒーターに変えることで、スペースに余裕ができるので、料理がしやすくなります。
火を使わないのでお子さんにも安心してお手伝いを頼めるので、料理で親子のコミュニケーションに可能です。

光熱費が安くなるのもメリットですが、電気の残量や使用電力を画面で確認できるので、家族全員の節電意識も高まります。
自然と使っていない電気のスイッチを切るようになったりと、節電意識が高まるのはとても素晴らしいことですね。

オール電化を導入するメリット

オール電化が注目される理由は、ガスに比べてデメリットよりメリットが多いからです。
火を使わずに済むので、ちょっとした油断が招く火災やヤケドなどのリスクを回避できますね。
小さいお子さんのいるご家庭や、高齢者の一人暮らしもオール電化にすることでより安全で快適なものになります。

もうひとつのメリットは光熱費の節約ができるところです。
ここは各家庭で多少の違いはありますが、平均で1ヶ月あたり10,000円程度の節約になると言われています。
最初に導入する時に高額な費用がかかりますが、長く使っていくうちにすぐに元は取れます。
オール電化が登場した当初は、今よりも費用も高く回収までに20年かかっていました。
しかし現在では機械の性能も上がっていて、費用も安くなっているので6年ほどで回収できるようになっています。

ガスは地球温暖化の原因にもなっているCO2の排出量も多くなってしまいますが、これを電気にすることで大幅に削減できます。
停電時には役に立たないというデメリットもありますが、ガスに比べてライフラインの普及も早いと言われています。
1つの家庭がオール電化を導入するだけでも、確実にCO2の排出量を減らせるので、地球環境への配慮、エコロジーに貢献できます。
これは何よりのメリットですね。